SprachenDeutschland

  • Canada
  • Magyarország
  • 日本
  • United States

クリスティーナのヘアメイク紹介!パート7

「黒のミニドレスはどんな場面でもキマるわ。ポップな色を足したのが気に入ってます。
キス&ハグ
クリスティーナ」

クリスティーナのメイクアップ・アーティストのジェイク・ベイリー:
クリスティーナは色を使いたいムードでした。彼女は何か楽しい気分にさせてくれるメイクを望んでいたので、ブルーのアイライナーとボリュームのあるつけまつげを付けようと決めました。まずはUrban Decay 24/7の"Electric"太めのアイライナーをまつげギリギリに書いて目尻をつり上げ、猫目の形にしました。このペンシルはすごい持続性を持っているので、細かいラインを引くことができ、尚且つにじむ心配もいりません。次に二重を強調させるためにM.A.C.の濃い紫のアイシャドウ"purple haze"で掘りに沿って塗り入れました。それからArdellの付けまつ毛#113を付けてCoverGirlの24/7 LashBlastマスカラでコーティングしました。
チークにはM.A.C.のマットなピンク色した"swoon"を塗り、リップにはUrban Decayのローズ・カラー"wicked"でリップ全体を塗りました。その上にMARKのラズベリー色"wild extravagance"で輝きを足しました。

ジェイク・ベイリーをツイッターでフォローしよう: @byjakebailey

クリスティーナのヘアスタイリストのマーク・タウンセンド:
今夜のショーにはクリスティーナの髪をボリュームと動きのある髪に仕上げることにしました。まずは濡れた髪にダヴのStyle+Care Amplifier Mousseを多めに塗り、ラウンドブラシを使いながらドライヤーで乾かしました。次に3インチずつの毛束を取り1インチのカールアイロンで巻きました。上手く仕上げるコツはコテに髪を巻き付けること。髪を挟む必要はありません。次にサリー・ハーシュバーガーのBody Fix Sprayを髪全体に吹きかけます。そのためクリスティーナには頭を下げてもらい裏側もしっかり吹きかけました。このスプレーはロックンロール且つビーチガールっぽい質感にしてくれます。そしてステージに出る数秒前にダヴのExtra Hold Hairsprayで硬めつつ輝きも付けました。髪のセッティングが終わった時にクリスティーナが髪に指を通してくれると嬉しいんだ。気に入ってくれてる証拠だよね!

マーク・タウンセンドをツイッターでフォローしよう: @marktownsend1

クリスティーナのスタイリストのSimone Harouche:
クリスティーナは今夜アレクサンダー・ワングのブラックとブルーのドレスを着ました。アクセサリーはPamela LoveとErickson Beamonの物を身に付けました。靴はブルーのリザード柄のジミー・チュウのヒールを合わせました。皆に気に入ってもらえたら嬉しいです‼ 

Simone Haroucheをツイッターでフォローしよう:  @simoneharouche

Color Christina! Choose a new style!